2007年07月23日

某キャラが死んだ時よりも泣けたのは、きっと皆が泣いていたからかな?

slyはもらい泣きしやすい性質です。


ファースト・ガンダムの21話「激闘は憎しみ深く」で、泣きました。

本当に皆が彼を頼りにしていたんだなぁ・・・
戦闘が終った後、コアスブレンダーの残骸の前で号泣するアムロやブライト達を見てたら、slyも悲しくなってきて・・・

まぁ・・・ブライトが四つん這いになった瞬間は・・・笑ってしまったのですが(いや・・・いきなり四つん這いだったから、ついあせあせ(飛び散る汗)

皆のまとめ役で、緩和材で信頼されてて、本当に彼を失った代償と言うか衝撃と言うものが痛いほど伝わってきて、本物の死と同じような感じで受け止めてしまいそうになりますね。
きっと、某キャラのように蘇えったりはしないだろうから(笑)
なんで、あのキャラが死んだ時は、他の誰も悲しんだりしなかったのかな??あれ??主人公って居なかったんだっけ??彼が死んだ時・・・(うろ覚え爆弾

彼の死をきっかけに、キャラ達一人一人の雰囲気が変わったような気がするのはslyだけでしょうか??
アムロもすごく素直になったような気がする・・・
早く続きが見たいけど来週末は見る時間がないから、見るのは当分先だわもうやだ〜(悲しい顔)
posted by sly at 00:04| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のガンダム萌話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。